新着情報(整備事業者様)

技能研修会「1500MPa級アークプラグ溶接」開催

投稿日  : 2018年9月10日

最新型車の骨格に従来の3倍以上の強度を持つ超高張力鋼板が採用されており、今までの知識、経験、勘や度胸では溶接品質を確保することは至難です。

骨格部などの締結にスポット溶接は一定の作業環境(溶接機の性能や作業者の知識など)があれば対応できますが、スポット溶接が出来ない箇所はアークプラグ溶接に頼ることになります。 当会の研究によれば、アークプラグ溶接は作業者の技能により作業品質にバラツキが出ます。 この状況を改善するために、5年前から溶接技術研究機関の協力を得ながら取り組んで来た作業工法を会員対象に技能研修を開始します。

関連情報の照会先:043-483-7751(担当:高橋)

新着情報(整備事業者)

新着情報(整備事業者)一覧へ

新着情報(整備事業者)

車体損傷診断員